今年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、卒論発表会はオンラインで行われてコンパはキャンセルされました。今年度の卒業論文は以下の通りになります。

村本 寿子:アンリ=ジョルジュ・クルーゾーの『マノン Manon』にみるファム・ファタル性
上野 華緒里:La fonction du syntagme nominal en UN dans la phrase générique
林 史華:『椿姫』における娼婦像
石田 悠珠:ル・クレジオ『モンドほか子供たちの物語』における子供
岡本 歩実:映画『美女と野獣』(Beauty and the Beast) (2017) 研究 — 人物描写の原作比較と音楽的分析からみるジェンダーの表象 —

卒業式はいつものように、3月23日に感染拡大対策を守って行われました。
みなさん、おめでとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください