『マンガがフランス語に翻訳される時―受容と課題』

広島大学大学院人間社会科学研究科(人文学プログラム)フランス文学語学教室によるオンライン講演会を実施します。

講演者       レオポール・ダアン

講演題目『マンガがフランス語に翻訳される時―受容と課題』

言語 : 日本語(通訳なし)
開催日: 2020年1月19日(火)18:00
定 員:290名

 

開催地: 広島大学人間社会研究科(ZOOM開催)
参加無料(「ZOOM」接続のためのインターネット通信費用が発生する場合は参加者のご負担となります)

※参加を希望される方は、ここからご登録お願いします
申込期限は 1月17日(金)です。定員に達し次第締切となります。

「ZOOM」参加のためのURLとパスコードは、ご記入いただいたメールアドレス宛に後日送信いたします。

お問い合わせ: mnb*at*hiroshima-u.ac.jp 
(*at*を@に書き換えてください)

 

affiche-conf-DAHAN-FINAL

『現代のフランス映画は何を継承しているか?』

日本フランス語フランス文学会中国・四国支部会、広島大学大学院人間社会科学研究科(人文学プログラム)フランス文学語学教室共催によるオンライン講演会を実施します。

講演者       ステファン・デュ・メニルド

講演題目『現代のフランス映画は何を継承しているか?』

言語 : フランス語(日本語逐次通訳付き)
開催日: 2020年11月30日(月)18:00
定 員:290名

開催地: 広島大学人間社会研究科(ZOOM開催)
参加無料(「ZOOM」接続のためのインターネット通信費用が発生する場合は参加者のご負担となります)

※参加を希望される方は、ここからご登録お願いします
申込期限は 11月27日(金)です。定員に達し次第締切となります。

「ZOOM」参加のためのURLとパスコードは、ご記入いただいたメールアドレス宛に後日送信いたします。

お問い合わせ: mnb*at*hiroshima-u.ac.jp 
(*at*を@に書き換えてください)

c36b09a81e749e8d605b5b1778816fed-1

第38回広島大学フランス文学研究会

広島大学フランス文学研究会の開催について

下記の通り、第38回広島大学フランス文学研究会を開催いたします。

 

日時:201983日(土)14:40

会場:広島大学文学部/文学研究科講義棟 B102 

 

当日のスケジュール

受付      13:30~

 

研究発表   14:30~15:00   司会 渡部 望

宮川 朗子  :情報から物語へ

―『マルセイユの信号所』Le Sémaphore de Marseille

地方欄  « Chronique locale » の場合―

 

講演     15:00~16:00   司会 渡部 望

 

中川 正弘   ロラン・バルトのフランス語と日本語翻訳

 

総会       16:1016:40

 

懇親会      17:3019:30